2017中部ロジスティクス総合展

開催のご案内

開催にあたって

前回は「中部ロジスティックスソリューションフェア」と「フードセーフティ中部」を別々の日程で開催しましたが、出展者並びに来場者の方々から「食の安全」の中にはパッケージ、物流が含まれることから同時開催して欲しいというご要望が多かったため、今回は相乗効果を狙い、同時開催することに致しました。
中部地区は高速道路網のインフラが発達していることとアマゾン等の通販業界の戦略拠点として物流ハブの重要性が増しております。また愛知県は食品生産高、農業出荷高とも全国2位であることから2020年の東京オリンピック開催に向け、「食の安全」の意識が高まってくると思われます。国も2017年度から鮮度保持コンテナ導入、オープン型宅配ボックス導入に補助金を出すことを計画しています。(2016年11月4日現在)
是非この機会に、貴社の販路拡大、新規ニーズ開拓に両展示会をご活用下さい。

平成28年11月 日刊工業新聞社


TOPへもどる